■銭湯の再生、もう一店舗はじまる⁉

しばらく書いてないうちに状況まったく変わった(苦笑)。
昭島の富士見湯の続き話は、いったんお休み。

半年前に営業をやめてしまった銭湯。
(東京品川区、西小山の『東京浴場』)
うちで引き継ぎ、再開させるべく今シコシコやってる状況に突入。

再開にも

 設備や配管の解明・修理

 そのまま再開だと浮上できない銭湯ならリニューアル

 仲間集め

など、やることテンコ盛り。
だいたい思うように進まない。

もうね、「フヘヘヘヘ…」って感じだね。
好きだった女の子にいいように振り回されてた懐かしい感覚を思い出す。

銭湯経営も、どこか心の機微と似たようなところあって、うまくいかずとも
「まったく手間かけさせやがって」みたいに、どこか気持ちよく微妙に快感な部分ある。

こういう状況を銭湯経営の世界では若干の変態性を帯びた、

「 『面倒見の良い兄とドジっ子妹』シツエーション 」

と呼ぶ。

いずれは良い方向に向かう。多分。

フヘヘヘヘ…

真神友太郎

投稿者:

まがみ ゆうたろう

まがみ ゆうたろう

やりたい事で生きてく時代到来で事業家に転身。 想定外で若干苦労するも、歩きながら考えてるので気にならない。 ベンチャー企業やる理由は、小学生の頃の自分に胸張りたいから。 今の肩書は、ニコニコ温泉株式会社CEO  変態的でもいいので銭湯経営術を確立中♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です