■サバンナ銭湯やだ

月々の赤字は相変わらず続く。

お湯はちゃぷちゃぷ、あふれた洪水みたく湯船に毎日たまってて、お客さんカモン!と両手を広げてるのに、
お客さん増えない。
雨ごいしてるのに、店内はサバンナの乾季みたく雨降らない・・・。

こんな「サバンナみたいな銭湯」やだ!

叫んでもお客さん増えないし、仕方なく色々やりはじめた。

そういや銭湯が復活したこと宣伝してなかったな、ひょっとして近所の人たちって
富士見湯が復活したことまだ知らないじゃないか?

って事で、チラシをつくって近所に折り込んでみた。

さてどうなる?お客さん増える?

ある時、電話がなった。

「お?問い合わせか?」と受話器をとった。

(先方)「あぁ、富士見湯さん? あのね、チラシとか打ったらダメでしょ」

誰?この人?
何言ってんの?

(先方)「銭湯の業界じゃ、チラシは勝手に打たないことになってるの。知らないの?」

エリアによっても違うみたいだけど、要約するとスーパー銭湯とかじゃなくて、一般公衆浴場(いわゆる銭湯)は、
いろんなルールというか紳士協定みたいなのがあって、チラシも勝手にうっちゃダメ、という話。

まずい、このままじゃホントに干からびて、サバンナだ。

サバンナやだ! 雨降って洪水みたいにお客さんが来る銭湯がいい!

で、赤字も続き、開き直らなきゃいけない日が迫ってた。

(続く)

投稿者:

まがみ ゆうたろう

まがみ ゆうたろう

やりたい事で生きてく時代到来で事業家に転身。 想定外で若干苦労するも、歩きながら考えてるので気にならない。 ベンチャー企業やる理由は、小学生の頃の自分に胸張りたいから。 今の肩書は、ニコニコ温泉株式会社CEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です