■ダメじゃん!

正式に銭湯を引き継いだ。

そん時の気持ちは例のあれ。
なんといーか、
意識高い系で若くして社長になった人とかが心の中で思ってそうな、

「とうとう俺も事業家か~。
 フフフ、ガンガン利益だして事業拡大してやるぜ~」

みたいな。

で、銭湯はじめた初月の業績結果。
「え~と、売上がこんだけで、原価はこんだけか~、
 おいおい意外と経費デカいね~」

言いながら、当然いい感じでスタートするでしょ、くらいな軽いノリ。

最後の利益の数値に目をやる・・・。

・・・最終損益・・・

   
  ▲250万円

  「 ん? 」

 隣にいたメンバーに聞いた。

 「この▲マークって、マイナスって意味だよな?」

つまり、よーするに、ズバリ、

「 ひと月で、250万円の赤字! 」

ダメじゃん! ぜんぜんダメじゃん! 
赤字も赤字、大赤字だよ! ど~すんだ? これ!

意識高い系、バリバリの事業家、俺ってイケてる?、
とかは全部吹き飛んで、むしろ夜逃げしたい気持ち。

「 やめよう、店たたんでトンズラ! バイバイ! 」

(こん時の本音は、ツイッターでもイラストつきで描いた)

一晩もんもんとして、浮かんだ考え。


「そりゃそーだ、よく考えれば銭湯だよ! 
世の中じゃ銭湯はドンドン廃業してるし!
そんな簡単に儲かるわけないし! 俺も儲かるわけないし(意味不明)!
最初はこんなもんだよ! あっはっは! 」

でもって、赤字ゆえの支払い不足、資金ショートする恐怖と戦いながら、僕の銭湯事業家としての日々がはじまった・・・。

(続く)

投稿者:

まがみ ゆうたろう

まがみ ゆうたろう

やりたい事で生きてく時代到来で事業家に転身。 想定外で若干苦労するも、歩きながら考えてるので気にならない。 ベンチャー企業やる理由は、小学生の頃の自分に胸張りたいから。 今の肩書は、ニコニコ温泉株式会社CEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です